朝食が身長を伸ばしたい成長期の子供に重要な理由やポイントは?

2017.12.3|身長を伸ばす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝食を食べる食習慣があることは、身長を伸ばしたい成長期の子供とって非常に重要なこと。

 

朝食にどんな食材や栄養成分を摂取するのかということも大切ですが、まずは食事を摂取するということが基本。

 

子供の身長に対して朝食が与える影響を紹介しつつ、午前中の活動に必要な栄養を摂取することの重要性を紹介します。

朝食を食べない子供は生活リズムが乱れている可能性が高い

 

成長期の子供で朝食を食べる習慣がない子供に多いのが、生活リズムが大きく乱れている子供。

 

そもそも朝食を食べない理由が、朝は忙しくてそんな時間がないということなら、間違いなく夜型の生活習慣だったり、夜食を食べてしまっている状態。

 

その状態で過ごしていると、成長ホルモンの分泌量にも大きな影響が出ますので、成長期の子供の身長の伸びを大きく左右することに。

 

特に成長期の子供が身長を伸ばすのには、どれだけ大量の成長ホルモンを分泌することができるのは、非常に大切なことです。

 

朝食を食べないということは、栄養面でも十分に必要な量を摂取できていないということですので、そこはお母さんが中心になって、改善してあげるべきこと。

 

朝の時間に余裕がない状態なら、無理にでも早起きをするようにすれば、自然と夜早く寝るようになりますし、幼少期からの睡眠習慣が非常に大切。

 

子供が毎朝同じ時間にちゃんと起きるように、色々考えてあげてください。

 

そうすることで成長期に身長の伸びを最大化することができますし、身長の高さだけではなく、健康面でも非常に重要なことですので、しっかり取り組んでください。

 

ちなみに朝食を食べないということは、夕食が20時だとしても16時間は食事を摂取できないということですので、それがどれだけ大変なことなのかを意識しましょう。

朝食を食べることでどのようなメリットがあるのかを紹介すると・・・

 

朝食を食べない生活リズムで過ごしている子供と、朝食を食べる生活リズムで過ごしている子供では、様々な部分に違いがあります。

 

実際に朝食を食べることで、どのようなメリットがあるのかを紹介すると・・・

朝食が脳の活動を活性化させる

脳はエネルギー消費量が大きくて、就寝時でも大量のエネルギーを消費している状態。

 

特に脳のエネルギー源である炭水化物(ブドウ糖)を摂取しないと、脳がエネルギー不足で十分に作用することができずに、活性が低下します。

 

その結果、学習意欲の低下、記憶力の低下などが起こりますし、実際に学力の低下が起こることもわかっていますので、成績にも影響が出ることに。

朝食が就寝時に低下した体温をあげる

就寝時には体温が低下していますので、しっかり活動するためにも、体温を上昇させる必要がありますが、朝食を食べないとそのエネルギー源がない状態。

 

体温が上昇しないと、身体も脳も本来の機能を発揮できませんので、午前中の活動のためのエネルギーを朝食で摂取することが必要です。

朝食が毎朝の排便習慣にも大切な要素

生活リズムや体調管理には、毎朝の排便習慣を身につけることが大切。

 

朝食を食べることで、胃腸が刺激され排便を促進しますので、食べたものをしっかり体外に排出することが出来ます。

 

しっかりとした排便習慣を身につけていれば、便秘になることもありませんし、規則正しい生活リズムで過ごすことも出来ますので、非常に大切なこと。

朝食は子供の成長のための栄養源

身長を伸ばしたり、大人の身体に変化させる為には、しっかり普段の食事から栄養成分を摂取する必要があります。

 

1日3食食べることで、成長に必要な栄養成分を摂取することが大切ですし、1日の活動のエネルギー源である炭水化物は、朝食で摂取することが基本。

 

成長に必要な栄養成分を昼ごはんと夕ごはんだけで摂取しようとすると、食べ過ぎになることも懸念されますので、注意が必要です。

朝食を食べる生活習慣や生活リズムは親が主導で決めるべき

 

朝食を食べることにどれだけのメリットがあるのか?ということはなんとなくわかったと思いますが、もし朝食を食べる食習慣でなければ、それだけデメリットに変わるということ。

 

幼少期から親が主導して、朝食や夕食の時間を決めていれば、必然的に良い生活リズムで過ごすことが出来ますし、朝はお腹が空いて必ず朝食を食べるようになります。

 

朝食を食べない子供は、朝になってもお腹が空かないか、朝食を食べる時間がないから

 

前日の過ごし方に問題がありますので、そこをしっかり考えてあげることが大切で、遅くまで起きている状態を改善するのが基本。

 

遅くまで起きていると、夕食から時間が経過すれば、スナック菓子やインスタントラーメンなど夜食を食べますし、それだけ朝起きるのが遅くなります。

 

そういった生活習慣の乱れは、一朝一夕に起こるということではなく、時間をかけて徐々にずれていくものですので、どこかのタイミングで改善してあげることが良いでしょう。

 

ただ無理に改善させることは、それがストレスになることもあるので、できれば避けたい部分かもしれません。

 

子供はちょっとしたことをストレスに感じてしまいますし、成長期のストレスは成長ホルモンの分泌量に悪影響を及ぼします。

 

それが最終的に身長の伸びの悪化要因になりますので、どのように改善してあげるのかはその子に合わせて考えてあげるようにしましょう。

理想的な朝食は一汁三菜の和定食のようなもの

 

日本人にとってどのような朝食を食べるのが、最も栄養補給に役立つのかといえば、一汁三菜の和定食のようなもの。

 

お味噌汁に、3品のおかずがポイントで、少量のものでも栄養バランスを考えてあげると良いでしょう。

 

成長期の子供に手間なく食べさせるなら、納豆・生卵・焼き魚の組み合わせが良いかも。

 

ここに野菜かフルーツをオマケで追加すれば、最小限の手間で成長に必要な栄養成分をしっかり摂取できることに。

 

最近の子供はパンが好きだったり、洋風のメニューが好きだったりしますが、脂肪分や成長に必要な栄養素を考えると和食が一番。

 

朝から朝食を食べすぎると、その消化にエネルギーが大量に必要になりますし、午前中の効率が低下したり、眠くなってしまう原因になることもあるでしょう。

 

納豆&生卵なら、朝の準備も最小限ですし、アミノ酸のバランスを考えてもバッチリです。

 

成長期の子供はどれだけ大量のアミノ酸(タンパク質)を摂取できるのかで、身長の伸びが大きく変わってしまいますので、納豆&卵は必須の食材。

 

肉類も豊富なアミノ酸を摂取できますが、脂肪分やカロリーが多すぎることもありますので、朝は軽めの納豆や魚、卵などでアミノ酸を摂取するのが良いでしょう。

朝食を食べると午前中の様々な成果が変わる

 

朝食を食べることは本当に大切で、少し紹介しましたが朝食を食べる習慣がない子供は、朝食を食べる習慣がある子供よりも、成績が低いということもわかっています。

 

体育の時間も身体を十分に動かすことができず、学習意欲も成果も大きく変わる。

 

そして身長の伸びや身体の成長にも悪影響を及ぼしてしまうことがわかっていますので、朝食を食べない理由はありません。

 

1日3食を食べても成長期の子供は、成長に必要な栄養成分の全てを摂取できない状態なので、さその状態を自らの意思で悪化させる意味はわかりませんよね。

 

成長期が終わってしまえば、子供の身長を伸ばすこともできませんし、人生の方向性を大きく変えるのも難しいでしょう。

 

そういったことは、すでに多くの人が経験し、将来的に後悔していることですので、そうならないように注意してくださいね。

 

たかが朝食、されど朝食ですので、しっかりと普段から3食は食べさせて、少しでもお子様の持っている可能性を高めてあげてくださいね。

 

 

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!
にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキング