1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 身長を伸ばす方法は?遺伝よりも可能性が高い情報を紹介します!

身長を伸ばす方法は?遺伝よりも可能性が高い情報を紹介します!

 2017/08/19 身長を伸ばす方法 この記事は約 11 分で読めます。

子供の身長を伸ばす方法には、どのようなものがあるのか?実際に効率的に成長期までに身長を伸ばす方法があるのを知っていますか?

 

実は身長に対する遺伝の割合よりも、今回紹介する方法の方が身長を伸ばす可能性が高い情報だったりもします。

 

ご両親が身長が低いことで、息子さんや娘さんが低身長になるのも当然だと思っている人にほど、読んでもらいたい情報を徹底検証。

 

子供の身長に対する遺伝の割合や影響は微々たるものでしかない。

 

 

まず最初に知ってもらいたいのが、子供の身長を伸ばす可能性がある要素の話。

 

実際に子供の身長の高さに影響を与える原因には、

 

  • 睡眠
  • 運動
  • 食事
  • ストレス
  • 遺伝

 

という5つの要素が複雑に絡み合って、身長の伸びや最終身長を決定していると考えられています。

 

だから遺伝的要素も身長の高さには、非常に重要ですが、実は遺伝の身長に対する割合は、23〜25%程しかないのが現実。

 

残りの75%以上の要素が、後天的な生活習慣や食習慣、生活環境によるものですので、両親の身長が低いから、子供の身長も伸びないという事はありません。

 

ただ少し考えるべきなのは、あなたが育った環境と同じ環境で子育てを行えば、子供の身長を伸ばす可能性を低下させてしまうということ。

 

ご両親の身長の高さは、幼少期から成長期にかけて、身長が伸びにくい生活習慣で過ごしてきたから。

 

それをそのままお子さんに当てはめてしまうと、遺伝的要素も加わり、必然的に低身長のリスクが高まるということです。

 

その点をしっかり理解しておかないと、子供の身長を伸ばすことができずに、同じ想いをさせてしまうことに。

 

そうならないように、これから紹介することを意識して、子供の身長が少しでも伸びやすい環境を用意してあげましょう。

 

子供の身長を伸ばす方法として、幼少期からの睡眠習慣が本当に大切

 

 

子供の身長を伸ばす最も簡単でお金の掛からない方法は、毎日しっかりと睡眠時間を確保して、熟睡させること。

 

日本では昔から、「寝る子は育つ」と言われていますが、あれは本当の話です。

 

寝る子は育つというよりも、寝ない子は育たないし、精神のバランスを崩しやすいという方が説得力があるかもしれません。

 

子供も大人も就寝中に、体や脳の休息を行い、日常生活で破壊された細胞の修復を行っています。

 

小学校入学前の子供なら平均10時間、小学校入学後でも8〜9時間の睡眠時間が必須。

 

でも現在の子供の中には、遅くまでDVDやYoutubeを見たり、スマホやゲームで遊んでいたり、親の生活習慣に合わせて過ごすことで、睡眠時間が少ない子供も多いんです。

 

幼少期からの慢性的な睡眠不足は、子供の早熟化を進行させ、さらに日々の休息や回復ができずに、身体の発育にも大きな影響を与えます。

慢性的な睡眠不足は、ホルモン分泌にも悪影響を及ぼす

 

最近の日本人は大人も子供も短眠で、慢性的な睡眠不足の状態。だから睡眠負債という言葉も生まれる程の状況です。

 

大人であれば、多少の無理も効くかもしれませんが、子供の睡眠不足は精神的にも肉体的にも悪影響しかありません。

 

特に脳や体が十分に休まらないことで、ホルモンバランスを崩しやすく、どんどん性ホルモンが過剰に分泌されて、精神と肉体のバランスが崩れます。

 

性ホルモンが幼少期から過剰に分泌され続けることで、早熟化が進行してどんどん身体が大人になろうと成長期に突入することに。

 

成長期の訪れが早いことは、それだけ身長を伸ばすことができる期間を短くしてしまうので、最終的に低身長のリスクを高めてしまいます。

 

実際に低身長で悩んでいる子供には、初潮や生理、声変わりや精通などの大人の身体への変化が早い子供が多く、早熟化が低身長のリスクであることは明白。

 

ちなみに欧米人が日本人よりも身長が高い理由は、成長期の訪れが日本人よりも1年〜1年半ほど遅いので、それだけ身長を伸ばす期間が長いから。

 

たったそれだけのことですが、実は幼少期からの慢性的な睡眠不足が、早熟化を助長させますので、しっかり睡眠時間を確保するようにしましょう。

規則正しい睡眠習慣が子供の早熟化を予防する!

 

子供の身長を伸ばしたいのであれば、早熟な子供よりも晩成型の子供に育てるべき。

 

その際に役立つのが、幼少期からの睡眠習慣です。

 

実は早寝早起きで、寝起きに朝陽を浴びる生活習慣で過ごしていると、睡眠ホルモンのメラトニンがしっかり分泌する効果が。

 

実は睡眠ホルモンのメラトニンには、睡眠をサポートする作用と、性ホルモンの分泌を抑制する作用があるんです。

 

性ホルモンの分泌量が抑制されるということは、それだけ成長期の訪れを遅くすることができ、寝不足の子供の逆で、早熟化傾向を弱くする効果が。

 

そうすることで、身長を伸ばす期間を1年でも遅らせることができれば、子供の身長は5〜6cmも高くなる可能性があります。

 

早寝早起きの睡眠習慣を作るのは、幼少期ならば簡単なこと。

 

朝早く起こして、日中に身体を限界まで動かすようにして、昼寝をしなければ夜は死んだように眠ってくれます。

 

朝起きられない子供でも、日中に身体を動かしまくれば自然と疲れて、電池切れのおもちゃのように動かなくなって寝てしまいますので、遊びを兼ねて生活習慣を改善してみてください。

 

たったそれだけのことで、子供の持つ身長を伸ばす仕組みの効率を改善することができますので、おすすめです。

 

運動も大切な子供の身長を伸ばす方法だけど、激しい運動は不要!

 

 

運動を行うことで、身長を伸ばす際に役立つ理由はいくつか考えられますが、代表的なものとしては、

 

  • 骨の骨端線に対する刺激
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 肥満予防による成長ホルモンの分泌促進

 

この3つは非常に大切なポイントです。

 

でも運動をした方が身長が伸びやすいと言っても、子供の場合には激しい筋トレのような運動は不要です。

 

激しすぎる運動を行ってしまうと、怪我の原因になったり、健康を害したりすることもありますし、汗をかきすぎると、汗と一緒にカルシウムが流出してしまうので、成長にはデメリット。

 

身長を伸ばす際には、激しい運動よりも様々な動きをするような運動を定期的に行うことの方が大切で、小学生なら外遊びで鬼ごっこや追いかけっこでも十分。

 

昭和の子供のように暗くなるまで外遊び、その後に帰宅してご飯というサイクルが理想的。

縄跳びやジャンプだけでは、子供の身長を伸ばすことができない!

 

これは多くの人が誤解している点ですが、縄跳びやその場でジャンプをしていれば、身長が伸びて背が高くなるというもの。

 

確かに何も運動をしないよりも効果的かもしれません。

 

でも運動で身長を伸ばす効果を期待するのであれば、同じ運動では骨がその刺激に慣れてしまい、あまり意味が無いんです。

 

運動をすると、骨の骨端線の軟骨細胞部分に刺激になり、それをきっかけに身長を伸ばす効果が期待できます。

 

その際に必要なのは、ジャンプしたり、ダッシュしたり、急に止まったり・・・様々な動きを繰り返すような運動。

 

だから縄跳びやジャンプでは十分ではなく、追いかけっこや鬼ごっこの方が、様々な動きをしますので、身長を伸ばすという意味では非常に効果的。

 

身長を伸ばすには普段の食事での栄養摂取が非常に大切になる

 

 

高身長の人に子供の頃にどのような生活習慣だったと聞いても、夜更かしをしていたとか、運動を全くしなかったという人はいますが、食事だけはしっかり食べている人がほとんど。

 

それもそのはず、人間は食事で摂取した栄養素だけで、基本的に日常生活を送ったり、身体を成長させたり、ケガや病気の治療を行っています。

 

そんな状態なので、どれだけ豊富な栄養素を普段の食事で摂取できているのか?ということは、子供の成長には非常に大切なこと。

 

特に成長期までの子供は、食事で摂取した栄養素でしか身長を伸ばすことができませんので、身長の高さは食事の影響を強く受けます。

 

実際に幼稚園児や小学校低学年で身長が低い子供に多いのが、幼少期からの慢性的な栄養不足。

 

母乳をあまり飲まなかったり、好き嫌いが激しかったり、少食だったり・・・状況は異なるものの、共通するのは普段から食事で十分な栄養素を摂取できていない状況。

 

その日々の積み重ねが、今の身長の高さや健康度合いに比例しています。

 

特に身長を伸ばすには、良質なタンパク質をしっかり摂取することが大切ですが、身長を伸ばす際に必要な栄養素が不足しているのでしょう。

子供の身長を伸ばしたいなら、タンパク質をしっかり摂取させよう

 

子供の身長を伸ばしたいと考えているのなら、良質なタンパク質を普段の食事で摂取的に摂取させることが大切。

 

タンパク質には、骨や筋肉、臓器や血管、皮膚や髪の毛など人間の様々な器官の原料としての役割と、ホルモンの原料としての役割の両面があります。

 

いずれも身長や成長に必要なことであり、戦後50年で日本人の平均身長が男性も女性も10センチほど伸びたのは、タンパク質摂取量の増加の影響。

 

それだけ日本人の成長や身長の伸びを支えてきたタンパク質ですが、ここ数年はその摂取量が激減し、戦後間もない状態に近づいていますので、しっかり摂取することが大切。

 

タンパク質を構成するアミノ酸が、骨を伸ばす際に骨端線で必ず必要になりますので、しっかりと意識的に摂取しましょう。

運動と栄養補給を組み合わせて考えると身長が伸びやすくなる

 

運動をすることが、子供の身長を伸ばす際に、非常に大切だという話をしましたが、運動をしたら、その分以上に栄養補給が必要です。

 

運動をすると、食事で摂取した栄養素やカロリーを消費しますので、まずはその補給が必要。

 

さらに就寝時に身体を再生&成長させるための分の栄養素も、しっかり補給することが必要になります。

 

この部分を見逃してしまうと、成長に必要な栄養素が不足して、身長が伸びなくなったり、身体や筋肉の再生ができずに、ケガの原因になることも。

 

特に幼稚園児や小学生は食が細い子供も多いですし、好き嫌いが激しい子供も多いので、親御さんが食べさせる工夫をすることが大切です。

 

ストレスが成長ホルモンの分泌を阻害し、子供の身長に悪影響を及ぼす

 

 

最後に紹介するのが、ストレスと子供の身長に関係です。

 

子供は大人以上に、様々な場面でストレスを感じることが多く、小学校入学、クラス替え、いじめ・・・など様々な場面でストレスを感じています。

 

親の期待がストレスになってしまったり、良い子でいようと自分にストレスをかけてしまう子供もいます。

 

だから完全にストレスのない環境にするのは難しいと思いますが、ストレスを発散させてあげることが大切。

 

適度なストレスであれば、成長に影響をあたえるほどではありませんが、過度なストレス状態や慢性的なストレス状態が続くとホルモンバランスが乱れ、成長ホルモンの分泌量も減少します。

 

成長期の子供で成長ホルモンがしっかり分泌されなければ、間違いなく身長を効率的に伸ばすことができません。

 

ストレス状態は、目に見えないこともありますので、普段からお子さんとよく話すことで、状態を確認しておくと良いでしょう。

 

それが難しいなら、身体を動かす、どこかに連れて行く、好きな体験をさせるなど、子供が喜ぶようなことをしてあげると、自然とストレスは軽減します。

 

今回紹介したことを、普段の生活に取り入れるだけでも、子供の身長を伸ばす力を効率的に作用させることができますので、ぜひ実践してみてください。

 

成長期までのタイミングであれば、まだまだ身長が伸びる可能性が十分にありますので、諦めずに親子で取り組んでいくことが大切ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • プラステンアップとドクターセノビル成長期の身長に効果的なのは?

  • 声変わりと身長の関係、身長は止まるか伸びるか実際どうなの?

  • 年齢別、月別 子供の平均身長データを男女別に紹介!

  • 小学生で身長を伸ばす方法は?背が伸びない原因を改善しよう!

  • 身長はいつまで伸びるか?成長期の時期に背を伸ばす方法は?

  • ダメなことを知れば、成長期の子供の身長を伸ばす方法がわかる?