1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 9歳までの背の高さが子供の最終身長を決定するって本当?

9歳までの背の高さが子供の最終身長を決定するって本当?

9歳までの背の高さが子供の最終身長を決定するという噂がありますが、これは一体どういう意味なのでしょうか。

小学校3年生や小学校4年生というまだ将来的な身長の高さがわからない時期ですが、その時点の背の高さが将来的にも重要なのだとか。

一体どのような意味なのか、子供にとって9歳がどんなタイミングなのかを紹介することで、この噂の実態を徹底検証します。

9歳は女の子の背の高さにとって、非常に大切なタイミング。

少しでも大きく成長させてあげたいと思うお母さんが多いと思いますが、9歳までの背の高さが将来的な最終身長に影響すると言われても、あまりイメージができないと思います。

特に女の子(娘さん)をお持ちのお母さんにこそ、9歳という年齢を意識してほしい部分ですが、なぜ9歳なのかといえば、そこから成長期前半の身長の急激な伸びが始まるから。

男の子(息子さん)の場合には、そこから1〜2年遅れますので、そのタイミングまでは若干余裕がありますが、少しでも早めに将来的な身長の高さを考えることは大切なこと。

もし9歳の段階で周りの子供に比べて、背が低いのならその娘さんの身長は、そのままのイメージで伸びていくので、最終身長も低くなる傾向が。

これはすでに統計データでもわかっていることですので、9歳で周りの子供よりも小さいのなら、少しでも身長が伸びることを実践すべき。

でもなぜ9歳という年齢なのか?

成長期の期間と伸びる身長はほぼ決まっている!

子供の身長を伸ばしたいと考えているのなら、これは本当に知っておいて欲しいことで、成長期の期間の長さと、その間に伸びる身長はほぼ決まっています。

女の子なら20〜25cm、男の子なら20〜30cmくらい。

成長期だけで、40cmも50cmも伸びることはほとんどなく、成長期の到来時期に平均身長よりも小さな子供は、成長期での伸びも平均的な傾向が強いんです。

だから9歳の段階で、低身長だと自覚しているのなら、少しでも成長期の身長の伸びを最大化できるように努力することが基本。

先ほども紹介したように、女の子の成長期前半の身長の急激な伸びが始まるのは、9歳や10歳というタイミングですから、それまでの背の高さの影響を強く受けるということ。

成長期で最も身長が伸びるのは、最初の3年間

しかも成長期を通して、最も身長が伸びるのは最初の3年間で、この時期に分泌される性ホルモンと成長ホルモン、摂取した栄養素の影響を受けます。

特に成長期前半では性ホルモンが成長ホルモンとともに、骨の骨端線での細胞分裂を活性化し、子供の骨をグングン伸ばすことで、急激に身長が伸びることに。

しかし成長期の後半になると、性ホルモンの作用が骨端線の細胞分裂の活性化から、骨年齢の上昇に変わり、骨端線がどんどん狭くなり最終的に閉鎖してしまいます。

だから成長期や思春期の後半では急激に身長の伸び率が悪化し、あっという間に身長が止まってしまうことに。

だからこそ、成長期の前半でしっかり身長を伸ばすことが大切ですし、成長期の到来までにしっかり成長させておくことが大切です。

このことからも、9歳までの背の高さが将来的な最終身長を決定するということがわかっていますので、少しでも大きくさせてあげたいところ。

9歳までに子供の背の高さを決定する要因や改善方法は?

成長期の身長の伸びが一定であるなら、やはり9歳までにしっかり成長させてあげたいと思いますよね。

子供の身長を決定する要因は、食事・睡眠・運動・ストレス状況・遺伝の5つの要素があるとわれており、特に9歳までの子供に大切なのは食事での栄養摂取。

子供の身長は遺伝が全てと思っているお母さんも多いですが、実際に遺伝が最終身長に与える影響は23〜25%ほどと、全体の4分の1以下しかありません。

それよりも食事・睡眠・運動・ストレス状況の4つの方が重要で、特に成長期の前の子供の背の高さは、食習慣の影響を強く受けます。

背の高さを決定する食習慣については、乳児期から始まっている。

さすがに赤ちゃんの段階まで遡る事はできませんし、その際にはあまり気になっていないかもしれませんが、子供の背が最も伸びるのは生後1年と成長期の2回のタイミング。

50cm前後で生まれた子供が、1歳を迎える頃には、75cmとほぼ1.5倍も身長が高くなりますので、この際にどれだけしっかり母乳やミルクで栄養摂取ができているのかが大切です。

ただまだまだ年齢的なこともあり、3歳になったらとか、幼稚園に入ったらとか、小学校に入学する頃には大きくなっているはずと考えがちかもしれません。

でも最も伸びる時期に身長がしっかり伸びていないということは、後天的な要素か病気などの先天的な要素のいずれかが原因だということ。

その段階ではなかなか対応できないかもしれませんが、過去からの積み重ねが今のお子様の身長の高さの結果であるということを理解してください。

子供の身長を伸ばすために摂取すべき栄養素はタンパク質

では実際にどのような食習慣や栄養素を摂取していれば、子供の身長を効率的に伸ばすことができるのか?

栄養素でいうと、最も大切なのはアミノ酸の集合体であるタンパク質。

どれだけ良質なタンパク質をしっかり摂取することができるのかということが、9歳までの子供の背の高さを大きく左右する要素。

タンパク質には、肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、大豆製品や小松菜、ナッツ類などの植物性タンパク質がありますが、両方をバランスよく摂取することが基本。

動物性タンパク質だけでは、脂肪分とカロリーが増え、体内も酸性に傾いてしまうことで、肥満体型や健康被害が出るリスクが高まります。

植物性タンパク質は、摂取カロリーも低く、酸性に傾いた体を中性に戻してくれますので、健康面でのメリットもあり、より良質なタンパク質だと言えるでしょう。

ただアミノ酸スコアだけ考えると、動物性タンパク質にはかないませんので、両方をバランスよく摂取することが大切というのは、この点からも言えること。

そして1日3回しっかり食事を食べることも基本で、朝ごはんを抜いたりしないようにしましょう。

朝起きるのが苦手な子供もいますが、どうにか起こしてあげて、少し無理矢理でも良いので、何か食べさせる。

できれば一汁三菜の和食の朝ごはんを食べさせて、学校に行かせるようにしましょう。

9歳以降の成長期で身長の伸び幅を増やす方法は?

9歳までの身長が大事だと言われても、すでに9歳を過ぎていたり、10歳や11歳になってしまっている場合もあるでしょう。

男の子ならまだまだ伸びますが、女の子の場合はもう成長期前半の身長が急激に伸びるタイミングに入っていますので、そこでの身長の伸びが非常に大切です。

このタイミングで意識すべきことはふたつ。

  • 身長を伸ばす効率を高めること
  • 少しでも成長期の進行速度を遅くすること

この2点に注意した生活習慣や食習慣に改善することで、成長期の身長の伸びを最大化することができますので、ここは本当に意識したいポイント。

成長期の身長の伸び率や伸び幅を高める方法とは?

すでに成長期が始まっているのなら、成長期の期間で少しでも身長を伸ばす効率を高めたいところ。

その際に重要なのが、

  • 食事での栄養摂取による栄養面のサポート
  • 成長ホルモンの分泌量を増やすこと

食事での栄養摂取による栄養面のサポートをする方法とは?

普段の食事で、身長を伸ばす際に最も大切なタンパク質を中心に、様々な栄養成分をバランスよく摂取するようにしましょう。

またインスタント食品やレトルト食品、冷凍食品や加工食品ではなく、食材を購入して自宅で調理したものを子供には食べさせるようにします。

そうすることで、栄養吸収率を高め、成長に必要な栄養素をしっかり摂取できるようにしてください。

成長ホルモンの分泌量を増やす方法とは?

成長ホルモンの分泌量を増やすという意味では、最も大切なタイミングは睡眠です。

成長ホルモンが分泌されるのは、食後と運動後、そして最も大量に分泌されるのが睡眠中で、睡眠直後の3時間が本当に大切。

この3時間でどれだけ熟睡できるのかということで、分泌される成長ホルモンの量が大きく変わりますので、そのタイミングを大切にしましょう。

成長ホルモンの分泌量を増やすためにも、熟睡できる睡眠環境を整えてあげること。

暗く静かな部屋で寝ることは当然ですし、子供に合った寝具を選んであげたり、就寝前にはリラックした状態を作ってあげることも大切。

イライラしていたり、高ストレス状態だと熟睡できずに、成長ホルモンの分泌量が減少してしまう事がわかっていますので、できるだけ避けるようにしましょう。

成長期の進行速度を少しでも抑制する方法とは?

成長期の身長の伸びに合わせて考えてあげたいのが、その進行速度を緩やかにしてあげること。

成長期に進行を止めることはできませんが、生活習慣次第ではその進行速度を緩やかにしてあげることはできます。

その為にも大切なことは、規則正しい睡眠習慣で過ごすこと。

毎朝同じ時間に起きて、朝陽を浴びることで体内時計をリセットして、性ホルモンの分泌抑制作用があるメラトニンをしっかり分泌しましょう。

また睡眠習慣を整えると同時に、ぽっちゃり体型や肥満体型の場合には、運動によるダイエットも実施しましょう。

脂肪細胞が多い状態だと、性ホルモンの分泌量が増えることがわかっていますので、少しでも標準体型に近づけることが大切。

痩せすぎのモデル体型を目指す必要はありませんので、少し太り気味の子供なら、ダイエットも念頭においてあげてください。

その際に食事制限によるダイエットは絶対に行わずに、食事の質を変えたり、身体を動かす運動量を増やすことで、健康的に痩せるようにしましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンにも、脂肪分解作用がありますので、成長ホルモンの分泌量を増やす生活習慣は、そのままダイエットにも役立ちます。

このように身長の伸び率を改善し、成長期の期間を少しでも長くしてあげることが、すでに成長期に突入している子供の身長を伸ばすこと。

ちょっとしたことですが、これらのことを改善し続けることは少し大変ですので、親子で協力してできることからチャレンジしてみてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

背が伸びるサプリまとめ│子供に本当に必要なの?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

背が伸びるサプリまとめ│子供に本当に必要なの?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばすゴールデンタイムは嘘、睡眠時間は関係なかった?

  • 朝食が身長を伸ばしたい成長期の子供に重要な理由やポイントは?

  • 180cm超えの高身長を目指すなら、小学生までの身長が重要!

  • 骨端線の閉鎖時期で身長の高さが変わる?成長期の終わりとは?

  • 骨端線が閉じても伸びる?成長期までの身長を伸ばす仕組みは?

  • 小学生で身長を伸ばす方法は?背が伸びない原因を改善しよう!