1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 小学生で身長を伸ばす方法は?背が伸びない原因を改善しよう!

小学生で身長を伸ばす方法は?背が伸びない原因を改善しよう!

 2017/08/14 身長を伸ばす方法 この記事は約 13 分で読めます。

小学生の子供の身長が伸びないと悩んでいる親御さんが増えていますが、なぜ伸びないのかその原因を知っていますか?

身長が伸びない原因が分かれば、そこを改善してあげることで、小学生ならまだ身長を伸ばすチャンスはあります。

そこで小学生成長の動向や、実際にどのようなことに注意すれば、身長が伸びやすいのか?小学生の成長に役立つ情報をまとめて紹介します。

小学生が最も身長が伸びる時期になりつつある現状を理解しよう。

まず最初に理解しておくべきことは、日本人の早熟化がすすみ、男の子も女の子も小学生の身長の伸びが、将来的な身長の高さに大きな影響を与えているという点。

これは実際に平均の身長の伸び幅と見てみると、わかりやすいと思います。

男の子の年間の身長の伸び幅は、

  • 6歳:5.8cm
  • 7歳:5.2cm
  • 8歳:5.1cm
  • 9歳:5.0cm
  • 10歳:5.3cm
  • 11歳:6.3cm
  • 12歳:6.8cm
  • 13歳:5.8cm
  • 14歳:4.0cm

女の子の年間の身長の伸び幅は、

  • 6歳:5.6cm
  • 7歳:5.3cm
  • 8歳:5.4cm
  • 9歳:5.8cm
  • 10歳:6.2cm
  • 11歳:5.5cm
  • 12歳:3.8cm
  • 13歳:2.2cm
  • 14歳:1.0cm

身長の伸び幅をチェックすると、男の子のピークは11〜13歳、女の子のピークは9〜11歳だということがわかり、小学生が非常に重要な時期だということが理解できるはず。

特に女の子の場合には、小学生の3〜4年生頃から、成長期が始まっていると考えられますので、この時期をどう過ごすのかということが非常に大切。

小学生の学年別平均身長をチェックして、成長度合いを確認しよう

成長期が小学生に始まり、小学生の間にどれだけ身長を伸ばすことができるのかということが、非常に大切だということがなんとなく理解できたと思います。

そこで実際に学年別の平均身長を紹介しますので、まずは現状を知ることからはじめましょう。

  • 小学校1年生:男の子116.5cm、女の子115.5cm
  • 小学校2年生:男の子122.5cm、女の子121.5cm
  • 小学校3年生:男の子128.1cm、女の子127.3cm
  • 小学校4年生:男の子133.5cm、女の子133.4cm
  • 小学校5年生:男の子138.9cm、女の子140.1cm
  • 小学校6年生:男の子145.2cm、女の子146.7cm

実際に平均身長を見ても、小学校4年生以降の女の子の身長の伸びが顕著な状態が確認できます。

ちなみに平成22年の調査データでは、20歳以上の日本人の平均身長は、男性が167.3cm、女性が154.2cm。

最も高いのは25歳の男性の172.1cmと25歳の女性の159.6cmなので、それをピークに平均身長は縮んでいる傾向にあります。

日本人全体の平均身長が縮み始めている現状を理解して、しっかりと小学生のうちに身長が伸びるような取り組みを行なっていきましょう。

小学生で身長の伸びがピークなのは、日本人の早熟化の影響!

最近の傾向として、子供の身長が伸びるピークは小学生のタイミングだということは、なんとなく理解できたと思います。

以前は男の子のピークは中学生くらいのイメージでしたが、最近は小学生の高学年のタイミングで、女の子のピークは小学校4年生から。

そのタイミングで身長の伸びのピークが来るということは、女の子の初潮はそれよりも早い段階だということ。

これらは全て日本人の早熟化傾向が、以前よりも強まっている影響を受けているから。

早熟化が進みすぎると、身体の発育に大きな問題を抱えることになりますが、晩成型になることは、健康上のデメリットは一切ありません。

だから子供は晩成型に育てたほうが良く、少しでも早熟化を強める要因を排除することが基本。

早熟化による一番のデメリットは低身長。

女の子の場合は妊娠可能年齢の低下や、将来的な更年期障害の低年齢化を招くことも考えられますので、全くメリットはありませんよね?

でもなぜ日本人の早熟化が、ここまで進行してしまったのか考えたことがありますか?

小学生の早熟化が進む原因のひとつは慢性的な睡眠不足!

日本の小学生の早熟化がここまで進んだ原因のひとつは慢性的な睡眠不足。

一昔前なら、夜中のコンビニやファミレス、居酒屋などに小さな子供や小学生がいることはなかったですよね?

核家族化が進んだことで小さな子供を預けることができなかったり、親の考え方やライフスタイルも変わり、一緒に連れている人が増えていると思いませんか?

いろいろなところに連れていき、社会見学や体験をさせることも大切かもしれませんが、それをきっかけに子供が慢性的な睡眠不足に。

特に先進諸国でも日本人の子供の短眠は非常に顕著だということがわかっており、3歳児の睡眠時間をニュージーランドと比較すると、毎日100分も短いという調査報告もあるほどです。

これが何を意味しているのかといえば、慢性的な睡眠不足の状態が続くことで、メラトニンの分泌量が低下。

メラトニンは睡眠ホルモンとして知られていますが、成長期のきっかけになる性ホルモンの分泌を抑制するという作用も。

性ホルモンの分泌量が増え、一定量を超えると成長期に突入し、大人の身体に変化しはじめます。

小学生の段階で、性ホルモンの分泌量が増えすぎると、子供の早熟化が進行し、成長期の訪れと終わりを早くしてしまうことに。

その結果、身長を伸ばすことができる期間が短くなり、最終的に低身長で止まってしまうんです。

ちなみにニュージーランドの子供と日本人の子供を比較すると、毎日100分も違うということは、1ヶ月で3000分、毎月50時間も睡眠時間が短いということ。

年間で600時間、10年で6000時間も慢性的な睡眠不足であるといえます。

これが日本人の子供の早熟化を急激に進行させているひとつの要因だと理解して、幼少期から睡眠時間をしっかり確保しましょう。

肥満体型やぽっちゃり体型の小学生も早熟化傾向を強める原因。

日本人の子供の早熟化のもうひとつの原因は、肥満体型やぽっちゃり体型の小学生が増えていること。

昔のように外遊びをしなくなったり、運動習慣が全くない子供も増えていますよね?

さらに、食事もインスタント食品やレトルト食品、冷凍食品などの加工食品ばかり食べる子供も増えています。

これらの加工食品は、手軽で格安というメリットがありますが、成長に必要な栄養素が調理の過程で流出し、高脂肪・高カロリーなだけ。

そんな食生活を送り、ほとんど運動をしなければ、子供の摂取カロリーと消費カロリーのバランスが乱れて、肥満体型の子供が増えるのも当然の話しですよね。

そういった傾向が高まっていることで、子供用の肥満外来やガイドラインが制定されるなど、生活習慣病に悩む子供が激増しているんです。

そして、肥満体型の子供の脂肪を原材料に性ホルモンが作られて分泌されますので、その原材料が多ければより効率的に性ホルモンを分泌する結果に。

だから肥満体型やぽっちゃり体型の子供は、早熟化が傾向が強く、身長が伸びにくい状態だと理解しましょう。

これが最近の日本の小学生が置かれている現状。

普段から手をかけた家庭料理を食べさせてあげることは、小学生の肥満を予防し、より健康で成長できる体を作る意味でも本当に大切なこと。

肥満体型が子供の早熟化をまねく要因であることは明らかですので、食事面でサポートできることを考えてあげましょう。

低身長クリニックでも肥満対策や肥満解消が指導内容に含まれている

食事内容やライフスタイル等に関する指導は、低身長クリニックでも真っ先に説明&実行を期待される内容で、そういったことが記載されている冊子などを渡されます。

肥満を解消することで、子供の身長を伸ばすことができたという体験談なども書かれていますし、本当に身長と体重の関係性は密接だということがわかるはず。

あなたが本当にお子さんの身長を伸ばしたいと考えるなら、小学生の肥満や体重増加には注意することが基本です。

好きなものばかりを食べさせるのではなく、体の成長に必要な栄養素を含んだものを選んであげたり、脂肪分やカロリーを気にしてあげる。

その積み重ねで子供の食の好みを変えたり、好き嫌いなく食べるように食事を工夫してあげることが大切です。

小学生の身長の高さは、将来の身長の高さを決定するということを考えて、肥満対策もしっかり行なってください。

成長期に伸びる身長には限界がありますので、それまでにしっかりと食事で栄養素を摂取させることが基本。

単なるカロリーだらけの食事を食べさせるのではなく、子供の成長に必要な栄養素を意識的に摂取させてあげましょう。

それが小学生の子供の肥満解消にも繋がりますし、身長を伸ばす方法としても適切な対策方法のひとつ。

成長期になれば身長が伸びると安易に考えないことも大切!

小学生の段階で身長が伸び悩んでいても、成長期や中学生になれば、自然に身長が伸びて周りの子供に追いつくのでは?と考える人もいらっしゃるでしょう。

しかし成長期で伸びる身長の伸び幅はほぼ決まっており、男女共に成長期を通して伸びる身長は、20センチ〜30センチが限界。

だからこそ、成長期の前にどこまで身長を伸ばしてあげられるのかが、将来的な低身長のリスクを回避するためにとても大切な考え方。

その為にも、普段の食事をしっかり見直して、質の良いタンパク質、栄養バランスに優れた食事内容に変更してあげるようにしましょう。

ちなみに成長期が終われば、子供の身長はもう二度と自然に伸びることはありません。

だからこそ、成長期に入る前の小学校低学年の時期までにしっかり身長を伸ばすことが大切。

骨が伸びることで身長が伸びます。

成長期が終わると骨の伸びしろである骨端線が閉じてしまいますので、それまでにしっかり伸ばしてあげる努力が大切です。

小学校低学年までに身長を伸ばすことが大切で睡眠時間の確保は基本。

先ほども紹介したように、将来的な身長の高さは成長期だけで作られることではありません。

成長期で伸びる身長の幅はほぼ決まっていますので、その前にどれだけ身長を伸ばしてあげられるか?どれだけ身長が伸びやすい生活習慣で過ごすのかが大切。

そのためにも、まずは睡眠時間をしっかり確保する事を意識しましょう。

小学校低学年の子供だけの話ではありませんが、人間は睡眠時間に体の休息と再生を行っています。

睡眠中に普段の生活で疲労した部分の修復や、新しい細胞がどんどん生み出され、新調が伸びることに繋がります。

睡眠不足が続けば身長が伸びないだけでなく、早熟化傾向が強まり、成長期の訪れも早まりますよね?

欧米人と比較すると、元々早熟傾向の強い日本人のさらなる早熟化は、身長が伸びる時期を短くし、低身長のリスクを高めることに。

成長期が終わってから、身長を伸ばす方法を考えても遅いんです。

子供の睡眠習慣は、幼少期からの生活習慣の積み重ねで決まりますし、親のライフスタイルの影響を強く受ける特徴が。

欧米のように小さな頃から、ひとりで自分の部屋で寝かせるのは難しいかもしれませんが、小学校低学年までは、少なくとも日々9〜10時間ほどの睡眠時間を確保するようにしましょう。

小学校低学年までの子供の成長には外遊びも大切

小学校低学年までの子供が成長するためには、とにかく体を動かすことが大切。

この年齢だと、スポーツを専門的にやるということもないと思いますが、スポーツをさせるというよりも、鬼ごっこや追いかけっこでも良いので、外遊びの時間を増やしてあげましょう。

公園で30分でも1時間でも、その辺を走り回ったり、ジャングルジムに登ったり、ブランコで遊んだりさせて、体を動かす時間や機会を増やします。

幼少期の運動習慣が、将来的な運動神経の良さを決定し、小学校高学年や中学生や高校生での部活の成績にも影響することに。

この幼少期から小学校低学年の時期に体をしっかり動かすことは、長期的な視点でも大事なことですし、運動による刺激が骨に伝わり、成長を促進する効果も。

さらに外で太陽の光を浴びると、腸内でビタミンDが作られ、カルシウムの吸収率を高め、強い骨に成長することに。

小学校低学年からの身体の急激な成長で、一時的に骨が弱くなり、骨折やヒビが入る子供も増えるので、ビタミンDの合成は大切なこと。

1日10〜15分でビタミンDの合成は十分にできますので、真っ黒に日焼けする必要もありませんよ。

小学校低学年までの身長の伸びには栄養素もすごく大事。

成長期に子供の身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンの分泌による影響ですが、その前のタイミングである小学校低学年までは、食事で摂取した栄養の影響を強く受けます。

普段の食事で、身長を伸ばす際に必要な栄養成分をしっかり摂取することが大切。

骨を伸ばす際に必要な栄養素は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6つ。

特にタンパク質が骨の骨格部分になり、臓器や筋肉などの身体の様々な部分を作る際の原材料ですので、質の良いタンパク質をしっかり摂取するようにしましょう。

肉類や魚介類、乳製品の動物性タンパク質ばかりではなく、大豆製品やほうれん草などの植物性タンパク質もバランスよく摂取することがポイント。

組み合わせて摂取することで、吸収率や体内での作用が高まりますので、非常に大切な事。

そして高タンパク低脂肪の食事を食べること、できるだけ多くの食材を食べることなど、栄養バランスにも気をつければ完璧です。

でも、小学校低学年までの小さな子供は好き嫌いが激しいことも。

その際には、天然由来成分のタンパク質を中心に摂取できるサプリメントの活用もひとつの方法。

小学生でサプリメント?と思うかもしれませんが、このタイミングでどこまで身長を伸ばすかが、将来的な身長の高さにつながることを考えると、ない話ではありません。

普段の食事で補えない栄養成分をサプリメントで補うという考え方は合理的なもの。

子供の成長のために何ができるのかをしっかり考えて、少しでも大きく成長させてあげる方法を考えていきましょう。

小学生で身長を伸ばしたいなら身長サプリメントもひとつの方法。

最近の小学生は非常に身長が伸びにくい状態ですし、小学生の内に身長が伸びるピークがやってくるということもわかったと思います。

だからこそそのタイミンングで、身長をより効率的に伸ばす方法を実践するのもひとつの方法。

おすすめなのが身長サプリメントで、成長に必要な栄養素を補うという考え方。

成長期の子供が身長をしっかり伸ばすためには、タンパク質をしっかり摂取することが大切だとお伝えしましたよね?

高タンパク質低脂肪で、栄養バランスに優れた食生活を実践したい所ですが、年齢的にダイエットを気にしたり、食事量が増えなかったりする時期だったりすることも。

身長サプリメントで効率的にタンパク質やその他の栄養素をバランスよく摂取することで、子供の成長をサポートすることも可能です。

私が小学生におすすめするのは、カラダアルファという身長サプリメント

カラダアルファは実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質で、栄養吸収率95%以上のスピルリナを原材料の4割も使用している商品。

国内で販売されているサプリメントで、製薬会社の工場で作られているのはわずか3〜5%しかありませんが、カラダアルファも製薬会社の工場で作られている安全性の高いサプリメント。

だから小さなお子さんでも安心して飲ませることができますし、品質管理や原材料に関する不安もない商品だと自信を持っておすすめできます。

実際にカラダアルファを飲んだことで、一度止まった身長が伸び始めたり、小学生のタイミングでしっかり身長を伸ばすことができた人も多いなど、その評判も評価も高い特徴が。

実際に摂取できる栄養素や原材料をチェックすると、カラダアルファが本当に信頼できる商品だということがわかりますよ。

成長期の10代専用の身長サプリメントとして人気のカラダアルファの情報をより詳しくまとめた記事がありますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

カラダアルファの身長効果。実際に成長期の子供に必要か徹底調査!

この記事を読むとカラダアルファがどのような身長サプリメントなのか、子供の身長を伸ばす効果が本当にあるのかなど、カラダアルファの購入前に知っておくべき情報をチェックできますよ!

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 早熟タイプは身長が伸び悩む、成長特性で最終身長が変わる!

  • 子供の身長を伸ばす毎日実行すべき生活習慣や方法、情報を解説!

  • 成長ホルモンが身長を伸ばす、分泌促進に効果的な方法とは?

  • ダメなことを知れば、成長期の子供の身長を伸ばす方法がわかる?

  • 身長を7cm伸ばす!女子が年間に目指す成長目安はこの数字!

  • 骨端線の閉鎖時期で身長の高さが変わる?成長期の終わりとは?