1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 骨端線は復活する?成長期の身長を伸ばす方法や閉鎖時期とは?

骨端線は復活する?成長期の身長を伸ばす方法や閉鎖時期とは?

骨端線とは一体どんなもので、一度閉鎖した骨端線は復活することがあるのでしょうか?

成長期の子供の身長を伸ばす際に、非常に重要な役割を担っているという骨端線とは、骨のどんな部分のことなのでしょうか。

実際に骨端線の閉鎖を確かめる方法や、骨端線と成長期の身長の伸びや、成長にどのような影響を与える部分なのかを解説します。

骨端線とは?子供の成長にどのような関係がある部位なのか?

子供の身長を伸ばしたいと、ネット検索したり、色々調べている人なら聞いたことがあると思いますが、子供の骨には骨端線と呼ばれる部位があります。

骨端線とは、子供の全ての骨の両端に存在している軟骨細胞の集合体のようなもので、この骨端線で細胞分裂が繰り返されることで、骨が伸びて身長が高くなっていきます。

だから手や足が伸びるのも骨端線のおかげですし、指が長くなるのも骨端線での細胞分裂が活発に行われた証拠。

骨端線の軟骨部分(骨端軟骨板)では、閉鎖するまで常に骨の破壊と再生が繰り返されています。

細胞分裂が起こるのは、破骨細胞と骨芽細胞が活発に活動するから。

その細胞分裂の際に、骨芽細胞の動きが活発に行われると、新しい骨が生み出さる勢いが増すことになり、骨が伸びていきます。

骨端線での細胞分裂を活性化し、骨の成長に必要な栄養素をしっかり摂取すれば、将来的にも低身長で悩むリスクを軽減させることに。

しかし、骨端線は子供の骨にしかなく、いずれ閉鎖してしまうという特徴があります。

骨端線が閉鎖する時期と、骨端線の閉鎖が起こる原因とは?

骨端線が子供の骨にしかない理由はすごく簡単で、もし一生骨端線が残り続けると、常に骨の成長が行われ、一生身長が伸び続けることになりますので、大人の体になる際に閉鎖します。

一般的に男性は17歳〜18歳、女性は15〜16歳頃になると、骨端線が閉鎖して身長の伸びをストップさせます。

稀に20歳を過ぎても骨端線が残っていることで、毎年少しずつ身長が伸びる人もいますが、男性は25歳、女性は22歳までに身長が止まります。

だから大人になって身長を伸ばそうと思っても、骨端線が閉鎖しているので、骨を伸ばす仕組みがなくなり、身長を伸ばすことができません。

ちなみに成長期の後半に当たる年齢では、骨端線は残っているものの、骨端線での細胞分裂が活発に行われなくなるので、成長期の前半にしっかり伸ばしてあげることが大切。

そういった意味でも、骨端線が残っており、細胞分裂が盛んな10歳〜13歳位にかけて、しっかり身長を伸ばす努力をするのが良いでしょう。

骨端線が閉鎖するのは、女性ホルモンのエストロゲンの影響。

女性ホルモンなので、男性はエストロゲンを分泌していないのではと考えがちですが、実は男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られています。

だから男性も女性もある程度の年齢になると、骨端線が閉鎖して身長が止まることに

女性の場合は、初潮が始まる前から女性ホルモンのエストロゲンが分泌されていますので、骨端線が閉じて身長の伸びが止まるのが早い傾向が。

男性の場合も思春期後期になると、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が増えますので、その影響でエストロゲンが産生され、骨端線の閉鎖が起こります。

性ホルモンのエストロゲンやテストステロンは、思春期前半の時期には、骨端線に積極的に働きかけて、身長を伸ばす効果がありますが、その一方で骨年齢を上昇させ、骨の成熟を促進し骨端線を閉鎖します。

骨端線の状態を確認する方法は、レントゲン写真を撮ること

骨端線は骨の中の話なので、目で見ることはできませんが、唯一確認できる方法があり、それがレントゲン撮影です。

整形外科や接骨院で、レントゲン写真を撮ると、骨端線の部分は軟骨細胞なので、レントゲン写真に映らないという特性が。

だからレントゲン撮影をすれば、骨端線が残っているのか?今どんな状態なのかを簡単にチェックすることができます。

ただ整形外科や接骨院によっては、骨端線の確認のためだけにレントゲン撮影を行わない病院もあるようなので、事前に電話で聞いてみると良いでしょう。

レントゲン撮影の費用は1枚1000円程度で、保険適用になれば3割負担でかなり安く抑えることも。

何枚の写真を撮るのかによっても、値段は異なりますが、初診料や診察費用を入れても5000〜6000円もあれば十分に確認出来るはずです。

骨端線が残っていることが確認できれば、それは骨の伸びしろがあるということ。

骨の成長に役立つことを実践すれば良いので、お子さんの身長の伸びに悩んでいるのなら、レントゲン撮影で骨端線の確認を行うのは有益なことかもしれません。

では実際にどのような仕組みで、骨の骨端線の細胞分裂を促進できるのか?気になる身長を伸ばす方法を紹介します。

骨端線の細胞分裂を促進するのは成長ホルモンの分泌量の影響!

骨端線で行われる細胞分裂が活性化されることで、子供の骨が伸び、最終的に身長も高くなることがわかっていますが、重要なのが成長ホルモンの分泌量。

成長ホルモンは、肝臓に入るとソマトメジンCという物質(IGF-1)に変化し、それが骨の骨端線の細胞分裂を活性化します。

成長期に成長ホルモンをしっかり分泌することが大切だと言われるのは、こういった理由から。

成長ホルモンの分泌には、睡眠時間と運動が大切。

質の良い睡眠時間をしっかり確保することで、成長ホルモンの分泌量が高まることがわかっています。

さらに運動を行うと、運動開始後15分後〜運動終了後3時間くらいの間で、微量ですが成長ホルモンを分泌。

日々の生活で、どれだけ大量の成長ホルモンを分泌できるのかが、成長期の身長の伸びに大きな影響を与えますので、成長ホルモンの分泌量を確保しましょう。

運動時の骨への刺激も細胞分裂を促進する効果が期待できる

成長ホルモンを原料にソマトメジンCが作られ、それが骨の骨端線の軟骨細胞部分に到達することで、骨の成長が促進されますが、運動による刺激も大事なポイント。

実は骨に対して、縦方向の刺激が入ることで、軟骨細胞での細胞分裂が活性化されることがわかっています。

一時期、縄跳びをすれば身長が伸びると言われていたことがありましたが、これはそのことを拡大解釈した結果。

実際には同じリズムで繰り返される刺激は、骨が慣れてしまいいずれ刺激として感じなくなってしまうので、縄跳びだけでは身長を効果的に伸ばすことはできません。

骨端線の細胞分裂に必要なのは、様々な骨への刺激。

ジャンプ・ダッシュ・急に止まる・・・バスケットボール選手やバレーボール選手に高身長な人が多いのは、こういった様々な動きを普段の練習でも行っているから。

だから骨の骨端線にとっては、それが良い刺激になり、骨を伸ばしやすい環境が整っているというわけです。

骨端線の成長には、骨の原材料になるタンパク質も重要!

骨端線の軟骨部分での細胞分裂が活発に行われても、骨の原料が不足していては、効果的に骨を伸ばすことはできません。

骨端線で骨の原材料に使われているのはコラーゲン。

コラーゲンといっても、コラーゲンをそのまま使っているのではなく、タンパク質を構成するアミノ酸がビタミンCと結合することで、コラーゲンに変化させて骨の原料として活用しています。

だからこそ、積極的に骨を伸ばすためにも、アミノ酸が豊富な質のよいタンパク質をしっかり摂取することが大切。

骨端線ではコラーゲンを元に軟骨を作成し、そこにカルシウムとマグネシウムが吸着されることで、骨が固くなり強い骨に変化していきます。

さらに骨の形成には、亜鉛・ビタミンD・ビタミンKが必要で、これら6つの栄養素がないと、健康で丈夫な骨を生み出すことができません。

日本人のタンパク質摂取量が激減し、骨の原材料が不足している。

タンパク質が骨端線での骨の成長に役立つ栄養素だということがわかっていますが、ここ最近の日本人の多くがタンパク質摂取量が減少しています。

そしてそのことも、低身長で止まってしまう原因のひとつに。

実際のタンパク質摂取量をチェックしてみると・・・

  • 1950年:68.0g
  • 1994年:79.7g
  • 2015年:69.1g

これが実際のタンパク質摂取量の推移状況で、日本人の平均身長が最も高かったのは、1994年〜2000年にかけてのタイミング。

骨の原材料が不足することで、効率的に身長を伸ばすことができないのは、非常にもったいない話ですよね。

骨端線を復活させることができれば、身長が伸びる期間が増える?

骨端線と身長の関係は、なんとなく理解できたと思います。

骨端線が閉鎖しなければ、少しずつでも身長が伸び、骨端線が閉鎖してしまえば、そこで身長の伸びが止まることに。

では、一度閉鎖した骨端線を復活させることができないのか?

そう考える人もいらっしゃると思いますが、実際に閉鎖した骨端線を復活させることは今の医療技術では、難しいと考えられています。

さらに骨が伸びる仕組みや骨端線の仕組みを考えると、将来的にも閉じた骨端線を復活させることは出来ないと予想されています。

だからこそ、骨端線が閉鎖したあとは、イリザロフ手術やISKD手術のように、直接骨を切って伸ばすような方法しかありません。

骨端線が閉じてから、身長を伸ばすのは本当に大変なことなので、骨端線がある時期に細胞分裂を促進すること、身長を伸ばすことを実践することが大切。

成長期の栄養不足で、身長が伸び悩んでいる子供が多い。

成長期の子供には、本当に多くの栄養素が必要ですが、実際にその全ての栄耀を食事だけで摂取することは難しいと言われています。

しかも先ほども紹介したように、子供の成長に最も大切なタンパク質の摂取量が激減し、身長をうまく伸ばすことができていない現状。

だからこそ、栄養面を気にしてあげることも、骨端線があるタイミングで子供の身長を効率的に伸ばす方法のひとつ。

その為に、最近は子供に身長サプリメントを飲ませている親御さんも増えていますが、どの商品を選ぶのかが非常に大切。

どのような栄養素が含まれているのか?ということではなく、実際にどのような栄養素をどれだけ大量に摂取できるのか?ということに着目して選ぶようにしてください。

子供の成長に最も大切なタンパク質を基本に、栄養バランスに優れている商品を選ぶのが良いでしょう。

そうすることで、成長期の身長の伸びを最大化することができますし、止まった身長が伸びだしたという子供もいます。

子供の栄養面は、親御さんしかできないことですので、将来的に後悔しないためにも、身長サプリメントを普段の食事と組み合わせて、栄養バランスを考えてあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 9歳までの背の高さが子供の最終身長を決定するって本当?

  • 成長期までに子供の身長を伸ばすことが大事な理由と方法は?

  • 中学生で身長を伸ばす方法とは?成長期で一気に背を伸ばそう!

  • 中1で身長伸びないとヤバイかも、伸びが止まる場合は要注意!

  • 寝る前はNG!子供の身長が本当に伸びなくなる生活習慣は?

  • 小学校高学年が身長に大切な時期、急激に子供が成長する原因は?