1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 中学生で身長を伸ばす方法とは?成長期で一気に背を伸ばそう!

中学生で身長を伸ばす方法とは?成長期で一気に背を伸ばそう!

 2017/08/17 身長を伸ばす方法 この記事は約 10 分で読めます。

成長期の中学生の時期に、効率的に身長を伸ばす方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

うまくすれば、年間10cm以上伸びると言われる成長期の時期を最大限活用する方法を知れば、小学生の時は小さくても、一気に伸びるはず。

実際に中学校に入学してからでもできる、子供の身長をグンと伸ばす方法をまとめて紹介しますので、低身長に悩んでいる人は参考にどうぞ!

中学生は成長期のピークなので、男子も女子も身長が伸びる時期!

成長期になると、男子も女子も身長が年間10cm以上伸び、一気にそれまでとは異なる成長速度で身長が伸びていきます。

だから急激に洋服のサイズが合わなくなったり、運動能力が向上したり・・・様々なメリットがありますが、この成長期でもうまく身長を伸ばせない子供が増えています。

ただ同じ中学生でも、男子と女子では成長期のタイミングが異なりますので、それを踏まえた対処法を選択すべき。

特に女子の場合は成長期のピークが、小学校4〜5年生のことも多いので、中学生でも1〜2年生が最後のチャンスだと理解しましょう。

逆に男子の場合には、晩成型で高校生に成長期のピークがくる子供もいますので、女子よりはゆっくり構えることができますが、身長が伸びる時期はあまり残されていないという点では同じ。

ここ数年は、日本人の早熟傾向が強くなってきていますので、少しでも早いタイミングで、本気で身長対策を行うことが基本です。

そうすることで、残された成長期をしっかり活用することができ、身長をしっかり伸ばすことができますので、できることから実践するようにしてください。

では実際にどのようなことに気をつけて、中学生を過ごすと身長が伸びやすいのかを解説していきます。

中学生の時期の睡眠時間の確保が身長を伸ばす最も簡単な方法!

日本人は大人も子供も短眠の傾向が強く、常に慢性的な寝不足の状態です。

大人の寝不足は生産性の低下などの要因になりますが、子供の寝不足は、体や脳の修復や休息ができずに、成長を阻害する要因に。

特に成長期の睡眠時間の確保と睡眠の質の向上は、成長ホルモンの分泌量に大きな影響を与えることがわかっておりますので、そこを改善することが大切。

特に成長ホルモンが出やすいと言われているのは、22時から2時のあいだの4時間で、3時間以上熟睡した場合。

一般的に寝付いてから深い睡眠に到達するまでに20〜30分はかかるとされていますので、22時に熟睡するためには、21時30分にはベッドに入っている必要があります。

でもなかなかそんな生活習慣で、過ごしている中学生はいませんよね?

むしろ、小学生の頃から毎日日付が変わったタイミングで寝るような睡眠習慣を繰り返している子供も多く、成長に必要な睡眠習慣を身に着けていないので、中学生で急に変えるのは大変。

でも最も簡単に、成長期の身長を伸ばす際に必要な成長ホルモンの分泌量を増やすことができるのは、睡眠時間と睡眠の質を確保することです。

それを理解して、少しでも中学生で身長を伸ばしたいと考えるのなら、まずは睡眠時間を確保するようにしましょう。

早寝早起きだと成長期の訪れが遅くなり、成長期の進行もゆっくりになる

成長期の訪れが遅い晩成型の子供や、成長期の進行が遅い子供は、それだけ身長が伸びる期間が長くなる傾向がり、高身長になりやすい特徴が。

しかも成長期を遅らせることは、普段の睡眠習慣を意識するだけでできるんです。

それが睡眠時間を確保することと、寝起きに朝陽を浴びる生活習慣で過ごすこと。

幼少期から慢性的な睡眠不足が続くと、子供の体の中で性ホルモンの分泌量が増え、性ホルモンが一定量に達すると、成長期に突入します。

だから慢性的な睡眠不足は、早熟傾向の子供を生み出す最も悪い原因のひとつ。

さらに朝陽を浴びて、体内時計をリセットすることで、メラトニンの分泌がスムーズに行われるようになり、寝付きが良くなるだけではなく、性ホルモンの分泌量にも影響が。

睡眠ホルモンのメラトニンには、性ホルモンの分泌量を抑制する作用があり、日々しっかりメラトニンを分泌していることで、早熟傾向を弱めることができます。

だからこそ、早寝早起き&朝陽を浴びる生活習慣に変更することが効果的。

性ホルモンの分泌を気合で抑制することはできませんが、体内にある作用や仕組みを活用することで、効果的に抑制でき、成長期の確保に非常にメリットがあります。

成長期の中学生は成長ホルモンの分泌量を増やすことが身長の伸びに大切。

成長期に身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンの分泌による作用ですが、その成長ホルモンの分泌量を増やすのが睡眠時間と質の確保。

しかし、成長ホルモンを分泌して効率的に身長を伸ばすためには、それ以外にも幾つかの方法や効率を高める方法がありますので、簡単に紹介します。

将来的なことを考えると、身長が低いことで様々なデメリットがありますよね?

まずは成長ホルモンをしっかり分泌させることで、その子の持っている身長を伸ばす仕組みを機能させ、最大限活かせるようにしてあげましょう。

就寝時の空腹感に成長ホルモンの分泌量を増やす作用がある!

成長ホルモンは、血糖値が下がった状態の方が分泌量が増える傾向がありますので、就寝する3時間前までに食事を食べ終えておくことが基本。

もしお子さんの睡眠時間が21時30分なら、夕食は19時30分までに食べ終えてるようにしましょう。

人間の体内では、満腹感を感じているような血糖値が高い状態だと、成長ホルモンがうまく分泌されないんです。

しかも食べ物が胃の中に残っていれば、睡眠時に消化吸収に体が注力してしまい、質の高い睡眠の邪魔をしますので、睡眠の質が低下する原因に。

睡眠時に空腹感が続くと、胃の粘膜からグレリンという物質が出て、それが脳下垂体に作用することで、成長ホルモンの分泌を促進する効果が。

だからこそ就寝時には、胃の中で消化が終わっていることが、より効率的に成長ホルモンを分泌するために必要なことで、満腹で寝ればその逆です。

成長ホルモンがしっかり分泌されずに、成長期の身長の伸びを最大化することができませんので、夜食などはできるだけ食べないようにすることを意識しましょう。

もし夜食を食べる際には、消化吸収の良いものに限定し、あまり大量に食べないように注意してください。

成長ホルモンの原料のタンパク質やアミノ酸をしっかり摂取しよう。

成長ホルモンをしっかり分泌できるような状態を整えていても、その原材料になるタンパク質をしっかり摂取できていないと、効率的に分泌することができません。

タンパク質はアミノ酸で構成されており、人間の成長にはこのタンパク質とアミノ酸が非常に大切。

特に成長ホルモンの原材料としては、アルギニンを中心としたアミノ酸をしっかり摂取することが必要です。

アミノ酸のアルギニンは大人は自分で合成できるので非必須アミノ酸、しかし子供は十分に合成できないので必須アミノ酸。

成長ホルモンの原材料なのに、体内で十分に合成できないので、普段の食事でアルギニンをしっかり摂取することが必要。

だからアルギニンを豊富に含む肉類や魚介類、大豆類などの食品をバランスよく食べることでしっかりと補給しましょう。

アルギニンサプリメントも販売されていますが、子供の成長にはまったく意味がないので、食事からアルギニンを摂取することが大切。

アルギニンサプリメントで成長ホルモンの分泌量が増えるというのは、企業が広告に使っている謳い文句ですので、それに誤魔化されないようにしてくださいね。

運動時にも分泌される成長ホルモンも活用しよう!

成長ホルモンは就寝時だけではなく、運動時にも分泌されることがわかっています。

ただ運動時の成長ホルモンの分泌量は、就寝時に比べると非常に少ない特徴がありますが、それでもその積み重ねが大切。

実際に運動開始後15分ほどすると、成長ホルモンの分泌が始まり、運動終了後3時間程度は成長ホルモンが分泌されています。

だから普段から運動習慣がある子供の場合は、相対的な成長ホルモンの分泌量が増える傾向にあり、身長が伸びやすい状態に。

運動時の刺激も、骨の骨端線での細胞分裂を促進し、身長を伸ばす仕組みを支えてくれますので、激しい運動ではなくても良いので、体を動かすことも意識してみてください。

成長期の中学生の身長を伸ばす最も重要な栄養素はタンパク質

タンパク質と言えば、成長ホルモンの原材料としても使用されるものですが、骨・臓器・筋肉・血管・皮膚・髪の毛など様々な部分を構成する栄養素。

だから成長期に身長をしっかり伸ばす為には、成長に必要なタンパク質を摂取することが大切。

中学生のタイミングでは、男子も女子も50〜60g以上のタンパク質を継続的に摂取するようにしましょう。

タンパク質=肉と考えないことも大切。

タンパク質は、肉類以外にも魚介類、乳製品、卵、大豆製品などに豊富に含まれており、組み合わせて摂取することで、吸収率や体内での作用を高めることができます。

肉類のタンパク質ばかり食べていると、脂肪分や摂取カロリーが増えてしまい、肥満体型やぽっちゃり体型のきっかけになることも。

肥満体型やぽっちゃり体型は、身長が伸びにくくなる傾向がありますので、タンパク質の摂取量と体重のバランスを考えてあげることも大切。

成長に必要なタンパク質も含め、様々な栄養素をバランス良く摂取できるような食事を考えてあげましょう。

タンパク質のアミノ酸はバランスを考えることが大事。

タンパク質を摂取すると、体内に吸収される際にアミノ酸に分解されます。

アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸がありますが、必須アミノ酸の吸収率を考えると、必須アミノ酸のバランスが大事。

必須アミノ酸は全部で9種類ありますが、どれかひとつが不足すると、その少ない量に合わせて体内で作用します。

だからひとつのアミノ酸だけを大量に摂取しても、必須アミノ酸の吸収率や体内での作用は限定されることに。

だからこそ、複数の食材の組み合わせで、タンパク質を摂取することで、アミノ酸のバランスを整えてあげることが効率的な摂取方法というわけです。

成長期の中学生は、食事+身長サプリメントで効率的に背が伸びる!

成長期の中学生には、睡眠+運動+食事が非常に大切だということがわかったと思います。

睡眠と運動は自分でどうにかすることができるものですが、食事での栄養摂取は子供が自分でどうすることも出来ない要素。

だからこそ、親御さんが普段からしっかりと食事で栄養摂取を気をつけてあげる必要がありますが、忙しい主婦だと毎日徹底してあげることも難しいでしょう。

そこで普段食事+身長サプリメントという考え方があるんです。

でもどんな身長サプリメントでも良いということではなく、身長サプリメントも選び方を間違えてしまうと、全く効果のないものに。

身長サプリメントを選ぶ際に、特定成分が配合されたものが良いと考える人も多いですが、先ほども紹介したように、アルギニンはサプリメントで摂取しても全く無意味。

でもそういった身長サプリメントをお子さんに選んで、毎月高額な費用を負担している人も多いんです。

本当に効果的な身長サプリメントの選び方はひとつ。

それはどのような栄養素をどれだけ摂取できるのかという点。成長期の中学生なら、タンパク質を中心として、栄養バランスに優れた商品を選ぶこと。

その選び方で唯一、中学生に役立つ身長サプリメントは、カラダアルファ。

カラダアルファは実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質で、しかも原材料の4割が栄養吸収率95%以上のスピルリナ。

スピルリナにはタンパク質以外にも、50種類以上の栄養素がバランス良く配合されているので、成長期の中学生にはまさにうってつけの栄養源。

他にもカルシウムやマグネシウム、亜鉛や食物繊維など成長期の中学生に必要な栄養素をしっかり摂取できるのが、カラダアルファをおすすめする理由

実際にカラダアルファ以上に、豊富な天然由来のタンパク質を摂取できる商品はありませんので、中学生でしっかり身長を伸ばしたいのなら、間違いなく選ぶべき商品です。

成長期の10代専用の身長サプリメントとして人気のカラダアルファの情報をより詳しくまとめた記事がありますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

カラダアルファの身長効果。実際に成長期の子供に必要か徹底調査!

この記事を読むとカラダアルファがどのような身長サプリメントなのか、子供の身長を伸ばす効果が本当にあるのかなど、カラダアルファの購入前に知っておくべき情報をチェックできますよ!

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 骨端線の閉鎖時期で身長の高さが変わる?成長期の終わりとは?

  • 女性ホルモンの分泌量が身長の高さを決定するって知ってた?

  • 180cm超えの高身長を目指すなら、小学生までの身長が重要!

  • 初潮や生理は女子の身長が伸びる時期が終わりに近い指標だった!

  • 止まった身長を伸ばす方法、中学生ならまた伸びる可能性あり!

  • 成長ホルモンが身長を伸ばす、分泌促進に効果的な方法とは?