1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 小学5年生の身長の伸びが最終身長に大きく影響するって本当?

小学5年生の身長の伸びが最終身長に大きく影響するって本当?

小学5年生の身長の伸びや背の高さが、最終身長に大きく影響すると言われていますが、本当にそうなのでしょうか。

実際に小学5年生という時期が、男の子と女の子にとってどのような意味を持っているのかを徹底検証。

そこからわかった小学5年生で身長を伸ばすことの大切さや、注意すべきことや意識すべきことをまとめて紹介します。

小学5年生とは子供にとってどんな時期なのか?

小学5年生といえば、小学生でも高学年になり様々なことを自分で決めたり、やりたいことやチャレンジしたいことも増えてくる年齢。

中学受験を目指して勉強まっしぐら・・・なんて子供もいるでしょう。

しかし小学5年生の身長の伸びや背の高さが最終身長に大きな影響を与え、この時期の伸び悩みが将来的な低身長のリスクを増加させるのを知っていますか。

実際にどういうことなのか、男の子と女の子の成長期の到来時期や身長の伸びの現状を踏まえて紹介しますね。

男の子にとって小学5年生というのはどんな時期なのか?

小学5年生の男の子といえば、やんちゃ盛りかもしれませんが、そんな子供なら低身長のリスクも低いかもしれません。

男の子の成長期の平均身長の状態を見ると、最も背が伸びる3年間が小学6年生から中学2年生にかけてのタイミング。

だから小学5年生の時期は、成長期が始まる前の最後のチャンス。

一般的に成長期の長さや、成長期を通して伸びる身長はある程度決まっている状況ですので、それ以前にしっかり伸ばすことが最終的な低身長のリスク回避する方法のひとつ。

小学5年生の1年間でどれだけ身長を伸ばすことができるのかということと、小学5年生の過ごし方で、成長期の到来時期や進行速度に影響を与えることもできます。

成長期の直前のタイミングなので、急に成長を止めることはできませんが、小学5年生から生活習慣を改善していけば、成長期の進行速度はある程度緩やかにすることができるでしょう。

その為にも、早寝早起きの生活習慣で過ごすこと、さらに標準体型を維持しておくことが大切です。

女の子にとって小学5年生というのはどんな時期なのか?

小学5年生の女の子は、成長期の中で身長が最も伸びる3年間の一番最後の年ですので、このタイミングでどこまで背を伸ばすことができるのかは非常に大切。

男の子に比べ早熟な女の子は、身長が最も伸びる3年間は、小学3年生から小学5年生にかけての時期。

だからその間でどこまで効率的に身長を伸ばすことができるのか、骨端線の閉鎖までにどこまで身長を伸ばせるのかを考えることが大切です。

その為にも小学5年生以降の生活習慣をしっかり意識的に改善するようにしましょう。

もし小学5年生で平均身長よりも背が低い場合には、将来的な低身長のリスクが非常に高いということですので、この点はしっかり自覚しておくことが必要。

低身長のリスクが高いということを理解しておけば、あとは背が伸びる為に効率的な方法を実行するだけですので、非常に大切なことです。

小学5年生で背を伸ばすには、栄養補給と成長ホルモンの分泌量

男の子と女の子にとって、どれだけ小学5年生という時期が大切なのかということがわかったと思います。

では実際に何を改善すれば、小学5年生の時期にしっかり背を伸ばす事ができるのか?

これは成長に必要な栄養補給と成長ホルモンの分泌量を増やすことを念頭においた生活習慣で過ごすことでしょう。

そうすることで小学5年生での身長の伸びを最大化し、その後の効率を高めることができますので、この2点を意識した生活習慣に改善することが大切。

小学5年生で見直すべき栄養補給や栄養素は?

小学5年生でしっかり身長を伸ばしたいのなら、栄養学的な視点から考えてあげることも大切。

身長を伸ばすにはタンパク質が必要ですので、小学5年生の時期にも普段の食事でしっかりとタンパク質を摂取することが求められます。

タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますので、両方をバランスよく摂取することが基本で、さらにその摂取量を増やすことも大切。

特に肉類ばかりを食べていると、脂肪分やカロリーばかりを摂取してしまうことになり、ぽっちゃり体型や肥満体型の原因になることも。

その場合、脂肪細胞が増えてしまうことで性ホルモンの分泌量が増えて、成長期の進行速度が早まってしまうこともありますので、注意してください。

またタンパク質だけを摂取するのではなく、骨の成長にはタンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKが必要です。

タンパク質とミネラル類、さらにビタミン類も必要になりますので、栄養バランスに優れた食品を摂取しましょう。

そういった視点からおすすめなのはやはり和食で、一汁三菜を基本としてできるだけ多くの食材を使用したおかずを食べさせるようにしてくださいね。

小学5年生で成長ホルモンの分泌量を増やす方法は?

成長ホルモンの分泌量を増やすためにも、どのタイミングで成長ホルモンが分泌されているのかを知ってくことも大切です。

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、

  • 朝食後
  • 昼食後
  • 夕食後
  • 運動後
  • 睡眠中

という5回のタイミングで、特に睡眠中に最も大量の成長ホルモンが分泌されますので、それをしっかり活用することは基本ですが、総合的な分泌量を増やすことも大切です。

もし小学5年生で朝ごはんを食べずに学校に行っているのであれば、1回分の分泌量が周りの子供よりも少ないということですので、それは非常にもったいないですよね。

成長期を通じて、どれだけ大量の成長ホルモンを分泌できるのかということは非常に大切ですので、少しでも多く分泌できるような生活習慣で過ごしましょう。

成長ホルモンの分泌量を増やす簡単な方法とは?

では実際に成長ホルモンの分泌量を増やすことができ、子供の成長に役立つ簡単な方法を紹介すると・・・

それは毎日38〜40度のぬるま湯に15分〜20分入浴すること。

それだけのことで、副交感神経が優位になり、リラックス状態が続き、睡眠の質を高めることができます。

さらに温浴効果で全身の血流が改善され、成長に必要な酸素や栄養分を末端まで届けたり、老廃物を効率的に排出したりする作用も。

ストレス状態やイライラが続くことで起こる交感神経が優位な状態は、成長ホルモンの分泌量を抑制してしまうので、その状態を改善する為にも毎日の入浴を日課にしましょう。

成長ホルモンもタンパク質を原料に作られている

成長期にタンパク質をしっかり補給することは、単に骨の形成に役立つ効果が期待出来るだけではありません。

タンパク質を構成するアミノ酸は、体内に吸収されると、筋肉や臓器、血管や皮膚の材料として使用されるだけではなく、様々なホルモンの材料にも使用されます。

タンパク質にはアミノ酸のアルギニンも含まれており、アルギニンが成長ホルモンの材料としても使用されますので、タンパク質の摂取が非常に大切。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸があるように、アミノ酸には必ず摂取しなければならない成分があります。

その点を理解することで、どれだけ大量のアミノ酸(タンパク質)を成長期の子供が摂取すべきなのかということが分かるでしょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

背が伸びるサプリまとめ│子供に本当に必要なの?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

背が伸びるサプリまとめ│子供に本当に必要なの?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 早熟タイプは身長が伸び悩む、成長特性で最終身長が変わる!

  • 中学生で身長を伸ばす方法とは?成長期で一気に背を伸ばそう!

  • 年齢別、月別 子供の平均身長データを男女別に紹介!

  • 小学生で身長を伸ばす方法は?背が伸びない原因を改善しよう!

  • 栄養機能食品に子供の身長を伸ばす効果が本当に期待できるのか?

  • 成長ホルモンが身長を伸ばす、分泌促進に効果的な方法とは?