1. TOP
  2. 身長を伸ばす運動
  3. 運動のやり過ぎは身長が伸びない可能性が?何事も適度が大切。

運動のやり過ぎは身長が伸びない可能性が?何事も適度が大切。

運動のやり過ぎは身長が伸びない可能性が高まるって本当なのでしょうか?

 

子供の身長を伸ばすためには、

日常的な運動習慣が大切だと言われていますが、適度な運動と過度な運動ではどのような違いがあるのか。

 

成長期の子供に運動のやり過ぎが与えるデメリットについて徹底検証しますので、どの程度の運動が良いのかを考えてみてください。

運動は身長を伸ばす際の大切な要素のはずではないのか

幼少期からの運動習慣は、

子供の身長を伸ばす作用があり、運動しない子供よりも運動している子供の方が身長が高くなりやすいはずですよね。

 

運動をすることのメリットはいくつかあり、

成長ホルモンの分泌量に良い影響があること、骨の成長の際に刺激になることが有名ですね。

 

成長ホルモンは、運動開始後15分から運動終了後3時間まで分泌されることがわかっています。

 

睡眠中に分泌される量と比較すると、

かなり少ない分泌量になりますが、それでも成長期が終わるまでにかなりの量を積み重ねることができますので、成長に役立つでしょう。

 

また骨が伸びる部分の骨端線に対しては、

運動による刺激が骨の細胞分裂を促進し、骨の伸びをサポートしてくれますので、成長ホルモンのとの相乗効果を考えても非常に大切なこと。

 

運動することで太らないことも、

成長期や思春期の到来時期に影響したり、性成熟の速度を緩やかにして身長を伸ばすことができる期間を伸ばしてくれますので、非常にめりっとがあります。

 

かなりメリットが多いように思える運動ですが、やり過ぎるとどのような部分で悪影響になってしまうのでしょうか。

運動のやり過ぎはタンパク質を浪費してしまう

成長期の子供が身長を伸ばすためには、

タンパク質を構成するアミノ酸をしっかり摂取して、骨の骨格部分を形成するコラーゲンの生成を促進することが大切です。

 

適度な運動の場合は糖質をエネルギー源として消費しますが、激しすぎる運動ややり過ぎてしまうと糖質だけではエネルギーを賄うことができなくなります。

 

タンパク質までもエネルギー源として大量消費しますので、それをきっかけに骨の形成に必要なタンパク質が不足することに。

 

タンパク質が不足してしまうと、

骨を伸ばすことができなくなりますので、運動のやり過ぎはは骨の成長の最初の段階で止めてしまい、身長の伸びを鈍化させる要因になってしまいます。

運動のやり過ぎはスポーツ貧血のきっかけになることもある


激しい運動を行うということは、

何度も足の裏を地面に強く打ち付けるという行為を繰り返す要因になりますよね?

 

人間の足の裏には沢山の毛細血管があり、

そこに強い衝撃が何度も加わることで大量の赤血球が潰されてしまうきっかけに。

 

人体に存在する赤血球には鉄分のヘモグロビンが大量に含まれていますので、赤血球が潰れてしまうことで、鉄分が減少して貧血状態になってしまいます。

 

それが運動のやり過ぎでおこるスポーツ貧血。

鉄分が不足する貧血状態が続くことで、子供の身長の伸びにも悪影響を及ぼすきっかけになりますので注意が必要です。

激しい運動のやり過ぎはストレスの原因になる

全国大会に出るような活躍をすると、

練習もハードになりますし、上級生に混ざって練習や試合を行い、負けられないとか失敗できないというストレスが常につきまといます。

 

適度なストレスが悪いことではありませんが、

やはり子供はストレス耐性も低く、ちょっとした出来事を真剣に受け止めてしまうこともあります。

 

過度な運動+過度なストレスは成長阻害要因。

特に慢性的なストレス状態が続くと、睡眠時もリラックスできずに成長ホルモンの分泌量に悪影響がでてしまいます。

 

成長ホルモンがしっかり分泌できなければ、

成長期の身長の急激な伸びはありませんので、それだけ身長が低くなる原因になることも。

 

本来なら楽しみながらやるという運動やスポーツが、苦痛になってしまうというのは子供の成長にとってはデメリットしかありません。

成長期の子供は身体を作ることを優先させよう

短期的な目線で考えると、

少しでも良い成績や結果を残すためには、多少やり過ぎだとも思えるような激しい練習を毎日続けることが良いように思えます。

 

実際にオリンピックに出たり、プロ選手として活躍している人の多くはそういった環境でずっと過ごしてきて、結果を残し続けていますので、その気持ちもわからないとは言いません。

 

しかし多くの運動やスポーツでは、

身長の高さや身体の丈夫さも大切な要素で、背が低いよりも背が高い方が活躍しやすい傾向がありますよね。

 

筋トレで筋力アップをするよりも、

身長を2cmでも3cmでも高くした方が全体の筋肉量が増えて、筋力アップにつながります。

 

プロバレーボール選手でも、小学校時代から全国レベルで活躍していた選手と中学生や高校生で伸びた選手を比較すると、

 

小学生時代に全国大会に出ていない選手の方が平均身長で10cmも高いデータがあります。

 

バレーボール選手で10cmも身長が違えば、

できることも変わりますし、間違いなく背が高い方が活躍するチャンスは増えますよね。

 

そういった実際のデータもありますので、

短期的な目線で考えるだけではなく、中長期的な目線でお子様の将来のことを考えてあげましょう。

運動のやり過ぎは身長が伸びないの記事まとめ

この記事では子供の成長を促進する運動のメリットと、子供の成長を阻害する運動のデメリットを紹介してきました。

 

適度な運動は子供の健やかな成長には必ず必要になるものですが、やり過ぎはデメリットが多いこともわかったでしょう。

 

  • 運動は身長を伸ばす際の大切な要素
  • 運動のやり過ぎはタンパク質を浪費する
  • 運動のやり過ぎはスポーツ貧血のきっかけになる
  • 激しい運動のやり過ぎはストレスの原因になる
  • 成長期の子供は身体を作ることを優先させることも大切

 

何事も過ぎたるは及ばざるが如しということ。

適度な運動を継続させることの方が、子供の身長を伸ばす可能性を高めてくれますし、何よりもノビノビと健やかに成長してくれます。

 

競技スポーツは結果も大切ですが、将来的なことも考えてじっくり取り組んでみてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

 

 

>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

 

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素をしっかり配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素の量がぜんぜん違う!

 


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合したカラダアルファ!

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばす方法や情報が満載、サプリメントも必要か検証!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供の身長を伸ばす運動とストレッチ、逆効果になる方法を紹介!